ネイリストになるには

ネイル

トップを目指して

ネイル人気に伴い、ネイリストを目指す人が増えています。ネイリストに必須とされる資格はありませんが、ネイルに関する正確な知識や技術がなくては事実上この仕事につくことは不可能でしょう。そこでネイリストを目指す多くの人は、ネイルスクールでこれらを学んでいるのです。ネイルスクールでは衛生学や薬品等の知識を学び、実習では現役ネイリストから基本〜最新までのスキルを学びます。こうしてネイリストとして必要な知識やスキルを身につけていきますが、多くのスクールでは、さらにネイリストの技能検定である民間資格を取得できるように指導しています。先にあげたように、ネイリストに資格は必須ではありませんが、民間資格を取得することでネイリストとしての技能を客観的に判断することができるため、就職の際に有利になるのです。民間資格にはいくつか種類がありますが、最も有名で信頼されているのが日本ネイリスト協会が主催する「JNECネイリスト技能検定」です。この技能検定は、初級レベルの3級、中級レベルの2級、トップレベルのネイリストと認定される1級があり、まずは3級を受験し合格すると2級の受験資格が得られ、2級を合格すると1級の受験資格が得られるといった、必ず段階を踏んで上位レベルを目指していくといった方法が取られています。ちなみに、3級の合格率は8割以上と比較的容易とされますが、2級1級といった上位レベルの合格率は3割から4割程とかなり難易度が高くなっています。そのため上位レベルの合格を目指すには、スクールで指導する講師や現役のネイリストから座学と実習のレクチャーをしっかり受けることが大切です。

Copyright© 2018 ネイルの資格を取得しよう【色々な技術が学べる】 All Rights Reserved.